トップ > 審美歯科 > ホワイニングの方法

ホワイトニングの方法

濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯にあててゆっくり、 やさしく、接続的に脱色します。
ジェルの成分(加酸化化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。
その安全性については、FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。
歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。

ホワイトニングの方法

まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。
過去に入れたつめものを取り換えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。
そして型を取ります。

歯科医が作製した患者用トレーにジェル材を流し込みます。

歯を磨き、トレーを口に入れます。トレーの端を歯に合わせます。

清潔な指か、やわらかい歯ブラシで余分なジェル材を取り除きます。
口を2回すすぎます。
注)すすいだ水は飲み込まないでください。

デンタル・セラミック・ハイブリッドセラミック

●セラミックインレー
インレーとは、虫歯を取り扱った後の歯に埋める詰め物です。
●セラミッククラウン・ブリッジ
クラウンとは、虫歯を削り取った後に歯の全体を覆う被せ物、ブリッジとは、欠損歯を両側の歯を支えにして修復する治療方法です。
●ラミネートベニア
ベニアとは、歯の修復箇所に貼り合わせる薄片です。

「審美補綴」とは?

より美しく、自然な歯に」これが審美補綴です。変色した前歯や奥歯の金属が気になりませんか?機能を修復するだけでなく、本来の自然な美しい歯のように修復する審美補綴が注目されています。