トップ > 審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、
・前歯が生まれつき二段に着色している
・ 全体に黄ばんでいる
など、歯を漂白してきれいな白い歯にする治療のことです。

ホワイトニングの種類

パーフェクトクリーニング

PMTC: プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング

タバコのヤニ、コーヒー・紅茶等の茶しぶなどの着色は、1度ついたらハミガキでは取れません。やわらかいゴムでできたカップを回転させることで汚れを取り除くことができ、表面を平らにすることで、汚れがつきにくくなります。また、虫歯の早期発見にもつながります。

オフィスブリーチングとホームブリーチング

どちらも併用して治療をおこなっております。

術 前 術 後

後もどり対策と確実さを追求するため、どちらも併用して治療をおこなっております。

ホームブリーチング 寝ている間に白い歯に!

患者様が自宅で寝ている間に行なうことの出来る簡単な方法です。自分の歯の形に合わせて薄くやわらかいマウスピースを作ります。そのマウスピースに『ホワイトニングジェル』を注入し、寝ている間に薬剤を歯に作用させ歯を白くします。

利点: 自宅でできるので通院が不要

欠点: 徐々に漂白効果が出るため時間がかかります。

オフィスブリーチング その場で白さを実感できるほど!

歯科医院に何回か通いながら漂白治療する方法です。
歯の表面に漂白剤を塗布し光を照射し白く漂白します。
光の照射時間は数分程度ですが前準備に30分程度時間が掛かります。

利点: その場で白くなるのが解ります。(個人差あり)

欠点: 3回程度の通院が必要です。

歯並び・歯の形そのものを治したい

ラミネートベニア

神経をとることなく、歯の表面の一層を薄く削除し、セラミックプレートを貼り付けます。
主に歯の色を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を全体的に整えるのに最適です。歯にやさしい修復法です。

術 前 術 後

この方法の利点は、歯の表面を0.5mmくらい削るだけで歯を修復できることです。当然削る量はエナメル質の範囲内にとどまりますので、歯のもろさやセラミックとの接着などに影響されません。

セラミッククラウン

歯の形態、方向、色、様々な角度から美しく作り変えることができます。歯全体を一度削って、その上にセラミッククラウンを被せます。
セラミッククラウンの種類は様々です。従来の金属の裏打ちのあるメタルボンドもあります。

術 前 術 後

審美的要求のより高い方には、金属を全く使用しないオールセラミックがお勧めです。
永久に歯肉の付け根付近も美しく、歯肉もきれいなピンク色に保たれます。

ハイブリッド

金属ありタイプ

正式名称: メタルボンドハイブリッドセラミッククラウン

歯全体をひと回り削り、削った部分に、金属にハイブリットセラミックを貼り付けた冠を被せる方法。
「ハイブリットセラミックとは」 プラスチック製とセラミックの中間の材質でそれぞれの欠点を補ったもの。
天然歯と硬さが近似しているため歯に優しく、プラスチック製に比べて変色もしにくいです。

金属ありタイプ

正式名称: オールハイブリッドセラミッククラウン

歯全体をひと回り削り、削った部分に、ハイブリットセラミック冠を被せる方法。金属を使わずにハイブリットセラミックのみで作成。
歯の抜けた所を修復する(ブリッジ)場合、従来は金属の冠で補強していたものを強化グラスファイバーを使用することで、一切金属を使用しないこと(メタルフリー)も可能で金属アレルギーの患者様にも安心して使用できます。

術 前 術 後