トップ > 無痛治療 > 表面麻酔

表面麻酔

麻酔が痛いのは麻酔液の圧力のためです。
コンピューターにより圧力を自動調整いたしますので、 患者様の苦痛を和らげることができるようになりました。安心して治療が受けられます。

●表面麻酔により麻酔針が最初に刺さる痛みを解消します。
●浸潤麻酔により針が刺さった後の、麻酔薬浸潤時の圧力による痛みは、非常に細い電動注射針を使い、ゆっくりと均等な圧力で麻酔薬を注入することによりほぼ取り除くことができます。

1) 粘膜を乾燥させた後、ゲル状の表面麻酔を綿棒などで部位に塗る。
2) 2分ほど待つと粘膜表面の感覚がマヒしてくる。
3) そうしたら表面麻酔をぬぐって、すかさず注射針をゆっくり刺し込む。

表面麻酔にはゲル状のもののほかに張り付けるタイプのものや スプレーのものもあります。そのどれを使っても効果は大差はありません。
『表面麻酔は保険点数に含まれていません。』
つまり表面麻酔をしてくれる歯科医院は、自己負担で患者様に無痛治療のサービスをおこなっています。

こうしたサービスに対して厚生省は予算不足などを理由に点数カットしています。

針を刺す前におこなう細かな配慮をおこなっています

最初に針を刺す場所ですが歯ぐき(硬い部分)と粘膜(柔らかい部分)では粘膜の方が痛みを感じる部分(痛点)が少ないので最初の刺入部位は粘膜の方を選びます。表面麻酔をして殆ど無痛になっているのですが更に痛みの出にくい場所を選びます。

 

この時、血管を刺さないように注意します。血管には神経が近接してあるのでもし血管を刺すと痛みがあるばかりでなく注射液が血管にもれて効果がうすれてしまうからです。歯科でおこなう麻酔は骨に効かさなくてはいけないので医科で使用するものより麻酔効果が高くなるようにエピネフリンを8万分の1の濃度で含有しています。

   

この際に刺す場所以外の場所(例えば唇など)を強くつかむと注意がそちらにそれて痛みを感じにくくさせることができます。

細い針を使用しています

注射針にもいろいろ種類があります。多くの歯科医は25ゲージの針を使って麻酔をしていると思いますが現在は30ゲージ、さらに31ゲージという細い針が発売されています。痛点を避けるという観点からいって細い針であればあるほど痛みは感じにくくなる はずです。

ゆっくり時間をかけて注入しています

かなり強い圧をかけなくては骨膜の下にに麻酔液を入れる事はできません。
その強圧を一気にかけてしまうとそれだけで痛みが起こります。
なるべくゆっくり少しづつ注入します。

少しでも痛くならないように注射液を温めています

注射液を体温と同程度に温めておきます。夏場はそうでもないでしょうが特に冬は注射液の温度も下がってきます。すると注射液と体温の温度差で痛みが起こる事があります。この装置は大きな効果はないかとも思いますが少しでも患者様が痛くならないようにと考えておこなっております。