トップ > 一般歯科 > 口臭外来

口臭外来

自分では知らないうちに、他人に迷惑をかけてしまうのが口臭です。
最近では多くの人が口臭に悩んでいます。このような方には、測定器を使用して科学的な分析のもと対処していく方法があります。

口臭の原因とそのメカニズム

口臭には生理的な口臭(増齢、早朝、空腹、月経時、緊張性)病的口臭があります。

病的口臭の原因としては、全身的には、たとえば胃などの消化器官、鼻疾患、呼吸器疾患、糖尿病、腎臓病、尿毒症などがある場合が考えられます。口の中の原因としては、たとえば、齲触(大きな虫歯)、不適合歯冠修復物(かぶっているものがあっていない)、歯冠修復物の脱離(かぶっているものがはずれている)、あるいは歯周病(歯槽膿漏症)を有する場合などがあるが、一番大きいのは口腔清掃不良(歯がみがけていない)、すなわち、プラークコントロールができていないというのが口臭の最大の原因です。

もともと、口臭の元とされている悪臭成分はアンモニア、アミン類、硫化水素、メチルメルカプタン、インドールなどですが、これらは口の中に存在する蛋白質が、同時に数多く生息する細菌の酵素活性により分解された産生物質であるとされています。 すなわち、プラークが存在しないと口臭がしないということになり、前述した原因とよく一致します。

口臭治療の基本的治療方針

診断までの流れ

口臭について、医院内で質問します。

口臭測定
まず、官能測定を口腔内気と呼気に別けて行い、次に簡易口臭測定器を使い機械的測定を行います。

診断
病的口臭と診断されたら、原因疾患の治療を進め、生理的口臭と診断されたなら、何が原因の生理的口臭なのかをさらに調べ、専門のスタッフが生活スタイルの改善を指導いたします。

具体的な治療法(病的口臭)

PMTC
歯科衛生士が歯や舌に付いている歯垢(プラーク)を口腔清掃機器を使って完全に除去します。

Office Treatment
歯科医院で歯科医師がおこなう口臭原因の虫歯治療および、歯茎治療。 Hali-Trayというマウスピースを使い、歯の表面を抗菌剤ジェルで殺菌します。

After Care
正しいブラッシング方法を歯科衛生士から学びご自宅で実践してください。

口臭治療

吸気とともに口腔から発生し、あるいは口腔を通じて発散される悪臭を総称して、口臭といいます。
また、このように口腔から吸気とともに不快な臭いを発していると感じ、悩んでいる病態を口臭症と呼んでいます。口臭症患者では、局所的あるいは全身的な原因があって実際に不快な口臭が存在する場合と、口臭が他覚的にほとんど認められないのに口臭を強く訴える場合があります。
また一方では、会話中に相手に不快な念を抱かせるような著しい口臭をもっていながら、本人は自身の口臭に全く無自覚であることも多いようです。

口臭の原因と分類

口臭は発生の部分あるいは原因の違いによって一般に次のように分類されます。

1)局所的原因に基づく口臭
唾液分泌の減少 歯口清掃不良 多数歯齲蝕 慢性辺緑性歯周炎 軟組織の炎症 舌苔 清掃不良の有床義歯

通常、口臭を有する者の口腔内気体からは、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドが検出され、その濃度と口臭の強弱には明らかな相関が認められることが報告されている。特にメチルメルカプタンとの相関が強いといわれます。

2)全身的原因に基づく口臭
口腔以外の組織、臓器に何らかの異常や疾患がある場合に口臭を発する。特に口腔に隣接する組織、臓器ではその影響が大きいのです。消化器系:上部消化器系の疾患、すなわち食道.胃部の憩室、狭窄、癌、無酸症など
呼吸器系:副鼻腔炎、委縮性鼻炎、扁桃炎、気管支拡張症、慢性化膿性気管支炎、肺化膿症など
その他の疾患:糖尿病、肝不全、腎不全、重金属中毒症など

3)飲食物などによる口臭

4)その他の原因による口臭

【生理的口臭】
乳児口臭、早朝時口臭、空腹時口臭、月経時口臭などがあります。生体の代謝や分泌物の質や量の変化によるものと考えられています。

【心因性口臭】 他覚的には口臭を認めないにもかかわらず、本人のみが強く口臭を気にしている心因性(精神的)口臭症があります。

口臭の予防ならびに処置

1)歯口清掃
歯口清掃により口腔内を清潔に保つことは、口臭予防と治療には不可欠である。また舌の清掃による口臭の減少は効果が高い。

2)口腔疾患の治療
口臭の予防と治療には、存在する口腔疾患をまず完全に治療することが肝要である。特に慢性辺縁性歯周炎は病的口臭の主原因となっているので、その徹底的な治療・処置が口臭抑制のために不可欠であります。

3)レーザー口臭治療
薬剤を歯肉辺縁と舌に塗布し、レーザー照射を行い口臭を除去します。