トップ > 口腔外科

口腔外科

一般歯科で取り扱う病気は、主に虫歯と歯周病です。
口腔外科で扱う病気は、それ以外の外傷、顎変形症、炎症そして嚢胞などがあります。
当院では歯科口腔外科ということで、外来にて局所麻酔でおこなえる手術を主におこなっています。
入院は不要です。手術は患者様との話し合いや、手術内容をしっかり説明のうえ進めます。

埋状歯抜歯術

口腔外科は、一般歯科医では難しい親知らずの抜歯をおこないます。
埋伏歯というのは、よく聞く「親知らず」のことで、当院で行っている手術で最もポピュラーなものです。
親知らずの生え方にはいくつかの種類があります。

  • 1.普通に生えている場合
  • 2.歯の一部だけ生えている場合
  • 3.ほぼ完全に顎(アゴ)の骨に埋まっている場合

この中で2と3のケースは、虫歯になりやすかったり、周囲の歯肉の炎症(智歯周囲炎)をおこしやすいため抜歯の適応となります。

一般的な抜歯方法としては、まずかぶっている歯肉を切開してめくり、次に一部かぶっている骨を削り、ひっかかっている歯も一部削り、分割して抜きます。あとは歯肉を元通りに縫い合わせて終わりです。およそ30分程度の手術になります。

水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)

一般歯科では困難と思われる水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)や
埋伏過剰歯(まいふくかじょうし)などの抜歯も行っております。

骨に埋まった状態の歯は 「埋伏歯(まいふくし)」 親知らずの場合は 「埋伏智歯(まいふくちし)」 水平に埋まった状態の親知らず歯を 「水平埋伏智歯(すいへいまいふくちし)」 といいます。

親知らずは、完全に骨内に埋まっていればあまり問題は起こさないのですが、大抵は一部が口の中に露出していることが多く、その隙間に汚れが溜まりやすく、しばしば歯ぐきが炎症をおこしたり、隣の歯を虫歯にしてしまう要因となります。噛み合わせに大切な歯まで抜かなければいけなくなる可能性もありますので、例え痛みがなくとも、親知らずは早く抜いておきましょう。

子供では上顎の正中部にできる過剰歯が多く、適切な時期に永久歯がはえてこなかったり、正常な位置にはえるのを邪魔するためすきっ歯の原因となります。また、本来はえてくるべき所にはえずに無症状ながら将来的に嚢胞(のうほう)として顎の骨のなかに袋をつくってしまうこともあり、どうも歯がはえてこないなと思われたならレントゲン検査をされてみることをおすすめいたします。

歯根嚢胞

歯根嚢胞とは、顎骨内にできる嚢胞の中でもっとも多く、主にウ触(虫歯)により、歯の神経に感染が起こり神経が腐って歯の根の先に形成される「膿の袋」のことです。

この嚢胞を放っておくと、徐々に増大し、顎の骨をどんどん吸収していきます。初期の小さな病巣の場合では、一般的な根の治療で良くなる事もありますが、ある程度進行してしまった場合、根の治療をしても良くならないことがほとんどです。

当院では、この嚢胞を摘出する際「歯根端切除術」という方法でおこないます。

歯根端切除術(歯根嚢胞)

再植術とは違い、歯を抜かずに悪い根の先端と膿の袋を一緒に除去してしまう方法です。
まずは歯肉を切開して嚢胞のある部分までめくります。悪い部分が出てきたら専用の器具・機械で削っていきます。
嚢胞と根の先の感染部を取り除いたら、あとは縫い合わせて終わりです。

歯周外科処置の内容

1.歯肉の状態を知るために検査をします。
2.「スケーリング」という歯石を取る治療をします。
3.1本づつ手作業で歯周ポケット内に詰まっている細菌の塊や歯周病によって死んだ組織(膿)を掻き出してきれいにします。
4.歯肉につける薬でマッサージします。この間、数回程度の治療回数で終了します。

良い状態を維持するためには、患者様自身のプラークコントロールや、マッサージが重要です。
歯間ブラシやフロス(糸ようじ)を使うなどしてがんばってください。また、歯肉につける薬も併用されると有効です。