トップ > インプラント > |他医院で、インプラント治療が難しいと診断された方へ

他医院で、インプラント治療が難しいと診断された方へ

インプラントをおこなうにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さが足りない状態でインプラントをおこなうと成功率は非常に低くなります。
そのため骨が不足している部分に、膜を用いて骨の再生を促し適切な骨の状態にする方法です。
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)」や「GBR法(歯槽骨増大法)」など骨を増やす技術はいくつかあります。
当医院ではこれらの技術を利用したインプラント治療が可能ですので他の医院でインプラント治療が難しいと言われた方は一度当医院にご相談ください。

サイナスリフト法について

サイナスリフト法は、上顎の骨量、骨幅を増大させる治療法です。
上顎の奥歯に相当する場所にインプラントを植立する場合、よく骨の高さが不足し、数ミリしか骨が無い場合が多くあります。
たとえ骨の高さが1~5ミリしかなくても、サイナスリフト法をおこなうと10数ミリのインプラントの埋入が可能になります。
インプラントを埋入可能にするスペースを作るために、上顎洞(上顎骨の鼻の横に存在する空洞)に移植骨や骨補填材を注入し、上顎の底の部分を押し上げます。
その他、骨の高さを持ち挙げながらインプラントを植立するソケットリフト法もあります。
これらの方法を用いますと、治療期間が通常より約6ヶ月~1年程度長くなるというデメリットがありますが、確実に骨を増やし、インプラントを植立することができます。


歯槽骨が薄くインプラントが植立が困難


骨の高さを増大

ソケットリフト法について

ソケットリフトは、サイナスリフトと同様に上顎の骨量、骨幅を増大させる治療法です。
上顎には上顎洞という空洞があり、インプラント治療のための骨の高さ(厚さ)が足りない場合があり、インプラント治療が難しくなります。
そのため、上顎洞に骨を造成してインプラントを植立しインプラントを固定・安定させるのに十分な骨の高さ(厚さ)を確保する方法です。
骨の高さ(厚さ)が5mm以上あればソケットリフト法による骨造成でインプラント治療が可能になります。
ソケットリフトのメリットは、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済みます。
術後の腫れもほとんどなく、入院の必要もありません。

GBR(骨再生)法について

通常のインプラント治療にも良く使われる技術で、少量の骨の欠損部を骨を移植することでカバーし、インプラントの表面の露出を防ぐ方法です。


  • インプラントが露出

  • 骨を移植し、人工膜で覆う

  • 数ヵ月後に骨が再生

インプラントを植立する前に骨を形成するGBR法

歯肉の中に骨の再生を促す特殊な膜を入れます。
状態によって異なりますが、約6ヶ月間で膜に覆われた部分の骨が再生(成熟)します。
膜を除去しインプラントに適した骨が膜の下に再生しているのでインプラントの植立を行います。
この方法は治療期間が長くなりますが、もともと大きく骨の幅がない人などはこのGBR 法を行ってからインプラントをおこなう必要性があります。
無理な状態でインプラントを行ったとしても長期的な安定は期待できません。
今後のことを考えれば確実な選択といえます。

インプラントの埋入と同時におこなうGBR法

  • 1. 歯周病などの原因により骨が吸収(退化)され、問題のある歯を抜歯します。
  • 2. 抜歯した部分では、歯があった場所に穴があいている状態になりますが 2ヶ月ほどで骨が吸収され穴が塞がってきます。
  • 3. 抜歯した部分では、歯があった場所に穴があいている状態になりますが、2ヶ月ほどで骨が吸収され穴が塞がってきます。
  • 4. そこで抜歯後にGBR法を用いて歯肉による骨の吸収を抑え、GBR膜によって骨の再生を促します。
  • 5. GBR膜によって歯肉による骨の吸収を抑制すると同時に、骨の再生を促進することによって インプラントに適した骨の状態にすることができます。
  • 6. 骨の再生が完了約6ヶ月したらGBR膜を除去しインプラントを埋め込みます。
    インプラントの周りには骨が再生しており、安定した状態でインプラントによる治療が行えます。
    また移植する骨は自家骨(自分の体の骨)を使用します。
    少量の場合はオトガイや下顎の後方、量が多く必要な場合は人工骨を併用します。