トップ > いびき治療 > パタカラ治療

パタカラ治療

いびき・歯ぎしりでお悩みの方に 「パタカラ治療」 をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠は元気の源です。十分な睡眠がとれないと爽やかな目覚めは勿論 次の日はすっきりした気持ちになれません。

睡眠時無呼吸症候群は”いびき”や”はぎしり”などが習慣化してしまい、 悪化することで呼吸停止を起こしてしまう病気です。
重症になると2~3分も停止してしまい、突然死ということにもなりかねません。
この病気の予備軍は日本で200万人とも言われています。

⇒歯科のスプリント治療や「パタカラ治療」で予防・治療することができます。

「パタカラ治療」は次のような効果があります。

  • 睡眠時の呼吸、”いびき”や”はぎしり”の改善
  • 発音を明瞭にする
  • 口輪筋を鍛えて口唇の麻痺を改善する
  • 噛む、飲み込む機能を回復する

「パタカラ」の豆知識

「パパパ」「タタタ」「カカカ」「ラララ」。 脳卒中や脳外傷による構音・嚥下障害に対して、顔・口・舌の筋肉の再活性化を 促す構音訓練の発声音です。その音を代表して「パタカラ治療」といいます。

口輪筋を鍛えることで、”口呼吸”や”いびき”が解消されます。
また、口唇の麻痺などのリハビリに効果が発揮されます。介護者を必要とせずに、自己の意思で 口輪筋や表情筋を刺激、再活性化させることにより、表情、発声、咀嚼、嚥下の運動機能の回復・強化 が行え、脳血管障害などで生じた表情の喪失、口唇の麻痺、よだれ、発音の不明瞭化などの機能回復 を目的としたリハビリに効果が期待できます。

また、プラスチック板バネを付けることにより、強い負荷のトレーニングが可能です。
「パタカラ」という名称は、脳卒中や脳外傷による構音障害に対して、顔・口・舌の筋肉を再活性化させる 目的でおこなう構音訓練での発生音「パパパ」「タタタ」「カカカ」「ラララ」から採用したものです。

「パタカラ治療」で小顔になるの?

口輪筋を鍛えることで2次的な効果として、顔の筋肉が引き締まり顎のラインがシャープになることがございます。

口腔リハビリ器具『パタカラ』をご存知ですか?
口唇のストレッチ運動でこんな効果が現れます。
口呼吸を鼻呼吸に誘導し、喉の炎症が治まり丈夫になります。

口腔内の乾燥を防ぎ、歯周病・口臭・口内炎を改善します。
唾液が働く環境を整え、口腔内を快適に保ちます。
口腔筋を鍛え、入れ歯の維持・安定・機能・咀嚼力が向上します。 

舌の落ち込みがなくなり、”いびき”が軽減します。生活習慣病の予防、脳血管障害による発音の不明瞭化、よだれ、摂食・嚥下などの運動機能の回復顔のゆがみ、口角下垂の改善に効果的なリハビリ器具です。表情を豊かにし、若々しい笑顔を取り戻します。表情筋の活性化、フェースラインをすっきりさせ、顔をスリム化(小顔)させます。

パタカラによる1日3~4回のストレッチ運動で、3~5ヶ月後にご自身でその効果が体験できます。

口腔筋の筋力低下は、食生活習慣・老化・肥満・飲酒・疾病などにより引き起こされ、 睡眠時に舌の落ち込みを促し、”口呼吸”や”いびき”の発症を容易にさせます。

口呼吸は諸悪の根源→ 口腔および咽頭部の疾患やアレルギー性疾患を誘発させます。若年者から中高年者まで口唇力が弱く健康上の問題を抱えている方は、口腔リハビリ器具『パタカラ』で口唇の閉鎖を習慣づけて、健康の保持増進に努めましょう。